SHOFUSHAレーベル

LANGUAGE

LANGUAGE

ポール・ローゼンタール(ヴァイオリン・ヴィオラ)

1942年ニューヨーク生まれ。3才よりヴァイオリンを始める。ジュリアード音楽院でイワン・ガラミアン、ドロシー・ディレイに、南カリフォルニア大学でヤッシャ・ハイフェッツ等に師事。エリザベート等多くの国際コンクールに入賞し、ソリストとして将来を期待されていたにもかかわらず、1969年に大自然が広がるアラスカに移住。大陸北端の村で丸太小屋に住み、1000人のエスキモーのために演奏する事を誇りとしていた。1972年アラスカのシトカに世界中から音楽家を招き、シトカ音楽祭をはじめる。40年以上にわたり音楽監督を務め、この音楽祭を世界有数の音楽祭にそだてあげた。室内楽奏者としてハイフェッツ、ルジェーロ・リッチ、ピアティゴルスキー、ミルトン・トーマス、ナサニエル・ローゼン等々錚々たるメンバーと度々共演してきた。