SHOFUSHAレーベル

LANGUAGE

LANGUAGE

藤原浜雄(ヴァイオリン)

3歳より母にヴァイオリンの手ほどきを受ける。
その後、桐朋学園音楽科にて鷲見三郎、江藤俊哉、海野義雄、斎藤秀雄の諸氏に、アメリカのジュリアード音楽院にてジョーゼフ・フックス氏に師事。また、桐朋学園に在籍中、指揮を斎藤秀雄及び秋山和慶の両氏に師事。
全日本学生音楽コンクール、NHK。毎日新聞社共催の日本音楽コンクール、各第1位優勝。
1968年イタリアのパガニーニ国際ヴァイオリンコンクール第2位、1971年ベルギーのエリザベート王妃国際音楽コンクール第3位銀賞(いずれも当時の日本人としてはそれまでの最高位)を受賞。ジュリアード音楽院留学以来20年以上に渡リアメリカ合衆国に居を構え、ソロ・室内楽その他の多方面において活躍。中でも1971年、昭和天皇・皇后両陛下ご訪欧の際のベルギー政府主催歓迎演奏会にての御前演奏、1972年米国ロチェスター・フイルハーモニー定期演奏会で20世紀屈指の名ヴァイオリニスト、ナタン・ミルシュタインの代役としてアメリカでオーケストラデビユー等は特筆に値する。
1992年11月より2012年3月まで読売日本交響楽団の首席ソロコンサートマスターを務める。また、1993年以降、それまでのジュリアード音楽院、マンハッタン音楽院、ミシガン大学音楽学部教授などの経験を活かし、現在、桐朋学園特任教授、東京音楽大学客員教授。