SHOFUSHAレーベル

LANGUAGE

Image alt

LANGUAGE

曲目
PROGRAM

L.ブーランジェ / 2つの小品
L.Boulanger / 2 Pieces for Violin and Piano
解説

「夜想曲」「行列」の二つの小品は、若くして亡くなったフランスの作曲家リリー・ブーランジェによって書かれました。

繊細さと優美さに溢れる楽曲、もし彼女が長く生きていたならば、最も有名なフランスの作曲家の一人になっていたに違いありません。

S.プロコフィエフ / 5つのメロディー作品35
S.Prokofieff / 5 Melodies, op.35 bis
解説

プロコフィエフの「5つのメロディー」。歌曲をヴァイオリンとピアノの為に編曲したものであり、無言歌ゆえ各曲の描写は謎に包まれ、いっそう聴衆の想像力を掻き立てます。

私にとってはこれらのメロディーは、ロシアの庶民の日常の暮らしぶりが描かれている様に感じられます。

私自身ロシアの血を引く家系に生まれた事、そしてNo.1、No.3、No.4のメロディーが私のストラディヴァリウス <コハンスキ> の当時のオーナーであったパヴェル・コハンスキに捧げられたものである事が、いっそうこの楽曲への愛着をゆるぎないものにしています。

C.ドビュッシー, J.ハイフェッツ / 美しい夕暮れ
C.Debussy, J.Heifetz / Beau soir
解説

フランス風の優美さと感覚的な美しさを兼ね備えた歌曲であるドビュッシーの「美しい夕暮れ」。

この作品をヴァイオリンとピアノの為に編曲したヤッシャ・ハイフェッツは、

偉大なヴァイオリニストであったと同時に素晴らしい作曲家でもあると言えます。

P.I.チャイコフスキー / 懐かしい土地の思い出 作品42 3. メロディー
P.I.Tchaikovsky / Souvenir d’un lieu cher, Op.42 -3. Melodie-
解説

チャイコフスキーの「メロディー」。その美しく温かい旋律は、いつの時代も人々の心を掴み郷愁を誘います。

今回の演奏には、私の恩師であるヤッシャ・ハイフェッツによって書かれたヴィルトーゾなパッセージを盛り込みました。

アーティスト
ARTIST

Pierre Amoyal(Violin)
Akimi Fukuhara(Piano)

使用楽器
INSTRUMENTS

  • Violin(YU IIDA 2018)
  • Piano(BECHSTEIN)